DHAサプリ総合ランキング!:選りすぐりの10製品を徹底比較!
HOME » 気になる!DHAのおはなし » そもそもオメガ3脂肪酸ってなぁに?

そもそもオメガ3脂肪酸ってなぁに?

オメガ3脂肪酸はDHAとEPAだけと思われがちですが、それ以外にも種類があります。

そもそもオメガ3脂肪酸とは何なのでしょうか。どんな種類があり、そのような働きがあるのかを、詳しく見ていきましょう。

オメガ3脂肪酸とは血液サラサラ効果のある体にいい脂

食物に含まれる脂肪酸の一種
魚や肉、植物は脂質を含んでいて、これを作っている成分が脂肪酸です。脂肪酸は分子の構造によって、飽和脂肪酸・一価不飽和脂肪酸・多価不飽和脂肪酸の3種類に分類されています。オメガ3脂肪酸(オメガ3)は多価不飽和脂肪酸の一つです。

オメガ3は健康に欠かせない脂
オメガ3脂肪酸にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、DPA(ドコサペンタエン酸)、α-リノレン酸などがあります。サラサラしていて常温では固まりにくく、体内では作ることができない必須脂肪酸の一つです。脂と聞くと体に悪いイメージを持ちがちですが、悪玉コレステロールを抑えて、がんや動脈硬化を引き起こす過酸化脂質の予防効果があり、健康には欠かせない脂です。

現代人の多くはオメガ3不足
オメガ3脂肪酸を含む食材には、マグロやカツオ、イワシ、エゴマ、シソなどがありますが、食生活の変化から若い世代を中心に、オメガ3不足が広がっています。 オメガ3が不足すると、動脈硬化や高血圧、血栓、アレルギー症状、記憶・学習障害や視機能障害などを招きます。これを解消するために、厚生労働省では1日1g(1,000㎎)の摂取を推奨しています。

オメガ3っていくつあるの?

オメガ3脂肪酸には2タイプある
オメガ3脂肪酸は、動物性と植物性の2タイプがあります。動物性のオメガ3脂肪酸にはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)、DPA(ドコサペンタエン酸)があり、青魚に多く含まれています。植物性のオメガ3脂肪酸には、エゴマなどに含まれているα-リノレン酸があります。

動物性のオメガ3脂肪酸
マグロやカツオ、イワシ、サバなどの青魚に多く含まれている成分で、ともに血液の流れを良くして、コレステロールや高血圧を下げる働きもあります。 特にDHAは、脳や神経の成長と密接な関係があり、脳の働きを活性させ、認知症の予防効果などがあり、その効果に注目が集まっています。また、DPAには、動脈硬化を予防する効果があり、血管修復力はEPAの10倍以上といわれています。

植物性のオメガ3脂肪酸
エゴマ油やシソ油、亜麻仁油(あまにゆ)などに含まれています。体内でのEPAやDHAの合成に関わる重要な成分ですが、体内で生成できないため、食品で補うしかありません。血流を良くし、がん細胞の抑制や血圧の低下、アレルギー症状の緩和効果などがあります。

検証 DHAサプリメント総合ランキング!:評判の10製品を徹底検証した総合ランキング!

このサイトについて

「DHAサプリメント研究室」をご覧いただき、ありがとうございます。
私たちは、ちまたに溢れるDHAサプリメントの調査を行なっている私設調査グループです。DHAについて「知る・比較する・選ぶ」ができる総合情報サイトを作りたくて、管理栄養士の3人が結集しました。