DHAサプリ総合ランキング!:選りすぐりの10製品を徹底比較!
HOME » 気になる!DHAのおはなし » DHA・EPAの過剰摂取は逆に良くないの?

DHA・EPAの過剰摂取は逆に良くないの?

たとえ健康に良い成分でも、一日の摂取目安量をオーバーすると体に悪影響をお及ぼします。

そうならないために、DHA・EPAの過剰摂取による影響と摂取目安を知っておきましょう。

過剰摂取することで起きる症状

DHAやEPAは、中性脂肪の低減をサポートしてくれます。そのため、ダイエット時に積極的に摂取する方も少なくありません。

しかし、ダイエットで早く結果を出すために、DHAやEPAを過剰に摂取すればいいわけではありません。

たしかにDHAやEPAはダイエットのサポートをしてくれますが、過剰摂取すると逆にカロリーオーバーになります。

これは、DHA・EPA自体が油の一種であるから。油は、種類関係なく1gにつき約9kcalあります。そのため、過剰摂取してしまうと、それだけ脂肪として体内に蓄積してしまう可能性があります。

また、過剰摂取することによって、下痢や吐き気、胃もたれといった症状を引き起こす恐れもあるので注意が必要です。

正しい摂取方法とは?

過剰摂取に気をつけておきたいDHA・EPAですが、摂取量や方法を守れば問題ありません。ただし、摂取量のほかにも注意しなければならないこともあります。

例えば、日常的に服用している薬がある場合には、その成分を調べる必要があります。

特に、薬に血液凝固阻止剤が含まれている場合、成分が体内で凝固されて蓄積される可能性があるのでDHA・EPAとの併用摂取はすすめられません。

ただ、服用薬の成分まで把握している人は多くはありませんし体の状態も患者一人ひとりで異なります。

そのため、DHA・EPAを摂取する時には、事前にかかりつけ医へ相談することを徹底してください。

摂取量の目安とは

DHA・EPAの摂取量の目安は、日本人の場合だと1日3g前後と言われています。

一部では5g以下と誤った認識をしている人がいますが、これはアメリカで推奨されている摂取量です。アメリカ人と日本人では体質が異なるため、なるべく一日3gを守るようにしてください。

決められた摂取量を守ることで、DHAやEPAの効果も得やすくなります。もし、魚料理を食べる機会が多いという場合は、DHAサプリの摂取量を減らす必要があります。

サプリメントにはDHAの含有量が記載されているので、それをチェックして調整することが可能です。

年齢によって目安となる摂取量は異なる

DHAやEPAは性別や年齢によっても、適した摂取量は異なります。

男性の年齢別摂取量目安は、下記の通りです。

  • 1~2歳:700mg
  • 10~11歳:1,700mg
  • 18~29歳:2,000mg
  • 50~69歳:2,400mg

女性の場合は、男性の目安よりもだいたい100~400mgくらい少ない量が摂取目安です。

ただし、ここで提示しているのは、あくまでも最低限必要な目安量です。体格や体質によって、目安の摂取量に違いがあるので注意しておきましょう。

検証 DHAサプリメント総合ランキング!:評判の10製品を徹底検証した総合ランキング!

このサイトについて

「DHAサプリメント研究室」をご覧いただき、ありがとうございます。
私たちは、ちまたに溢れるDHAサプリメントの調査を行なっている私設調査グループです。DHAについて「知る・比較する・選ぶ」ができる総合情報サイトを作りたくて、管理栄養士の3人が結集しました。