DHAサプリ総合ランキング!:選りすぐりの10製品を徹底比較!
HOME » 気になる!DHAのおはなし » DHAとEPAの違いって何??

DHAとEPAの違いって何??

こちらでは、DHAとEPAの共通点や違いをそれぞれ紹介していきます。

共通点も多いDHAとEPAとは?

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エンコサペタエン酸)は、どちらも青魚などに含まれる不飽和脂肪酸で、健康な体に必要不可欠な必須脂肪酸です。

脂肪酸は、主に肉や乳製品に多く含まれる飽和脂肪酸と、主に植物や魚に多く含まれる不飽和脂肪酸に分けられます。
さらに、不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸(n-9系脂肪酸)と、多価不飽和脂肪酸(n-3系脂肪酸とn-6系脂肪酸)に分けられ、DHAとEPAは、このn-3系脂肪酸に分類されているのです。

どちらも体内では作り出すことができない栄養素であり、効果的にも似ている部分があります。DHAとEPAに共通しているのは、糖尿病をはじめとする生活習慣病の予防、血中脂質の改善、高血圧の予防、抗アレルギー作用などの効果が期待できることです。

DHAとEPAにはどんな違いがあるの?

共通点が多いDHAとEPAですが、お互いに違った効果も持っています。とても分かりやすく言うならば、DHAは主に脳に運ばれて、脳神経に働きかける成分、EPAは主に血液中に増えて、血液をサラサラにする成分なのです。

DHAには、脳を活性化させて記憶力を高めたり、認知症、脳梗塞、脳血栓などを予防したり、胎児の脳の発達を助けたりする働きがあります。また、血中の悪玉コレステロールを減らす作用や、情緒を安定させる作用なども。さらに、DHAは網膜にも多く存在していて、視力の改善にも効果が期待できます。

一方、EPAには、血液をサラサラにして血栓ができるのを予防する働きがあるため、心筋梗塞や動脈硬化の予防に効果的です。また、DHAが血中のコレステロールを減らすのに対して、EPAは中性脂肪を減らす作用に優れています。

このように、同じn-3系脂肪酸でも、それぞれ違う特性を持っていますので、どちらもバランスよく摂るのがオススメです。DHAとEPAが一緒に配合されているサプリメントなどを利用すると、どちらも効率よく摂取できるでしょう。

 

検証 DHAサプリメント総合ランキング!:評判の10製品を徹底検証した総合ランキング!

このサイトについて

「DHAサプリメント研究室」をご覧いただき、ありがとうございます。
私たちは、ちまたに溢れるDHAサプリメントの調査を行なっている私設調査グループです。DHAについて「知る・比較する・選ぶ」ができる総合情報サイトを作りたくて、管理栄養士の3人が結集しました。