DHAサプリ総合ランキング!:選りすぐりの10製品を徹底比較!
HOME » 知ってる?DHAの効果 » 生理痛改善

生理痛改善

こちらでは、DHAが生理痛の改善に効果的な理由を解説していきます。

佐野雪江(管理栄養士)

 解説するのは…

佐野雪江(管理栄養士)
料理教室講師、特定保健指導、人間ドック施設に勤務。沢山の女性たちに、「しっかり食べてダイエット」を伝えるため、フリーで、1人1人に寄り添った食セミナー、カウンセリングを行っている。

生理痛の原因となるホルモンを抑制

DHAと生理痛

つらい生理痛に悩まされている女性の方はたくさんいらっしゃると思います。その生理痛を引き起こす原因となるのが、子宮収縮ホルモンと言われるプロスタグランジンという成分です。

プロスタグランジンは、もともと血流の良くない子宮において、子宮内膜をはがして月経血を体外に押し出すために、子宮を強く収縮させる働きをします。この子宮収縮の影響により、生理痛が起こるわけです。

実際に、生理痛の激しい人と、ほとんどない人を比較すると、プロスタグランジンの分泌量が明らかに違うことが確認されています。特に、プロスタグランジンE2と呼ばれる成分の分泌量が多い人は、生理痛がひどくなる傾向があるそうです。

DHAには、生理痛を引き起こすプロスタグランジンの働きを抑制する作用があります。そのため、生理痛の緩和に効果が期待できると言われているのです。

冷え性と脂肪過多も生理痛を悪化させる

生理痛の重さには個人差があり、プロスタグランジンの分泌量が影響しています。プロスタグランジンが過剰に分泌されることが原因で、激しい生理痛が引き起こされるのです。

ひどい生理痛に悩まされている人には、共通する傾向があることが分かってきています。それは、「冷え性」と「脂肪過多」です。

冷え性で血が悪くなると、より多くのプロスタグランジンを分泌させることになり、その結果として痛みもひどくなります。そして、菓子パンや甘いものから油を摂りすぎるのも良くありません。過剰に摂取した油は、中性脂肪として蓄積されて、プロスタグランジンの原料になるのです。また、脂質バランスが乱れることで、本来ならプロスタグランジンE2の働きを抑制する、プロスタグランジンE1やE3の生成を増やすDHAなどの働きを妨げます。

生理痛を緩和するためには、脂質のバランスを調整することが大切です。菓子パンやケーキなど、甘いもの全般に含まれる油は摂りすぎる傾向があるため、魚に含まれるDHAなどの良質な油を積極的に摂ることをオススメします。

 

検証 DHAサプリメント総合ランキング!:評判の10製品を徹底検証した総合ランキング!

このサイトについて

「DHAサプリメント研究室」をご覧いただき、ありがとうございます。
私たちは、ちまたに溢れるDHAサプリメントの調査を行なっている私設調査グループです。DHAについて「知る・比較する・選ぶ」ができる総合情報サイトを作りたくて、管理栄養士の3人が結集しました。