DHAサプリ総合ランキング!:選りすぐりの10製品を徹底比較!
HOME » 知ってる?DHAの効果 » 視力回復

視力回復

こちらでは、DHAの視力回復効果について解説していきます。

矢野あずさ(管理栄養士)

 解説するのは…

矢野あずさ(管理栄養士)
病院管理栄養士として約10年間勤務。低栄養患者、糖尿病、高血圧症、肥満症などの生活習慣病の栄養指導に力を入れている。 食事管理の一環としてマクロビオティック法の勉強も併せて行っている。

網膜に含まれるDHAで視力回復

DHAと視力

目の網膜にはDHAが多量に存在し、網膜のリン脂質中には約50~60%ものDHAが含まれています。網膜は、角膜や水晶体を通り、入ってくる光を像として映し出す、スクリーンのような役割をする部位です。また、外部から入る視覚情報を正しく脳に伝えるとても重要な場所でもあります。

DHAは、目の機能や視力を維持・向上するために欠かせない大事な成分です。DHAには、網膜細胞を柔らかくする作用があり、網膜の反射機能を高めてくれると考えられています。

実際に、高齢者15名を対象として、DHAサプリ(540mg含有)を3ヶ月間飲み続けてもらったところ、10名(67%)の方に視力の改善が見られたという調査報告がありました。また、DHAの摂取量が極端に少ないと、視力の低下を招くとも言われています。

健康な視力を保つためには、DHAを継続的に摂ることが大切です。DHAは体内では作り出すことのできない成分ですので、魚やサプリメントから摂ることをオススメします。

網膜や視神経の発達に欠かせないDHA

DHAは、赤ちゃんの網膜や視神経の正常な発達にも欠かせない栄養素です。母乳にはDHAが豊富に含まれているので、赤ちゃんは母乳を飲むことでDHAを摂ることができます。粉ミルクを利用する場合には、DHAが配合されているものを選ぶと良いでしょう。

アメリカのカールソン博士が行った実験では、乳児(未熟児)を対象として、DHA入りのミルクで育てたグループと、普通のミルクで育てたグループを、2ヶ月後と4ヶ月後に比較しました。その結果、DHA入りのミルクで育てた乳児(未熟児)のほうが、視力が良いことが判明したそうです。

DHAを継続的に摂取しないと、網膜の機能が低下することも分かっています。赤ちゃんや幼児期の子どもにも、DHAを積極的に摂らせることが大切ですね。

 

検証 DHAサプリメント総合ランキング!:評判の10製品を徹底検証した総合ランキング!

このサイトについて

「DHAサプリメント研究室」をご覧いただき、ありがとうございます。
私たちは、ちまたに溢れるDHAサプリメントの調査を行なっている私設調査グループです。DHAについて「知る・比較する・選ぶ」ができる総合情報サイトを作りたくて、管理栄養士の3人が結集しました。