DHAサプリ総合ランキング!:選りすぐりの10製品を徹底比較!
HOME » 知ってる?DHAの効果 » アルツハイマー病を抑える

アルツハイマー病を抑える

こちらでは、DHAの老人性痴呆症への予防・改善効果について解説していきます。

矢野あずさ(管理栄養士)

 解説するのは…

矢野あずさ(管理栄養士)
病院管理栄養士として約10年間勤務。低栄養患者、糖尿病、高血圧症、肥満症などの生活習慣病の栄養指導に力を入れている。 食事管理の一環としてマクロビオティック法の勉強も併せて行っている。

DHAでアルツハイマー型認知症を予防

DHAとアルツハイマー

老人性認知症には、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症があります。アルツハイマー型認知症は、脳全体が委縮し、特に「海馬」と呼ばれる記憶を司る部分の脳細胞が委縮して起こる認知症です。もともとは欧米に多い認知症でしたが、近年、日本でも増加傾向となっています。

このアルツハイマー型認知症とDHAには関連があると言われ、1991年には関連を示す調査結果も報告されました。

その調査によると、アルツハイマーで死亡した方の海馬付近でのリン脂質中のDHA含有量が7.9%だったのに対し、アルツハイマー以外で死亡した方のリン脂質中のDHA含有量は16.9%だったそうです。

そのため、DHAにはアルツハイマー型認知症を抑制する効果があると期待され、世界各国の研究者から注目されています。

脳血管性認知症の予防・改善にも有効

脳血管性認知症は、脳卒中(脳出血や脳梗塞)が海馬で起こった場合に、後遺症として脳細胞の一部が死んでしまうことで起こります。日本では、アルツハイマー型認知症よりも、この脳血管性認知症の割合が多いのです。

脳血管性認知症には、DHAの投与が効果的であるとされています。脳血管性認知症の患者さんに半年間、DHAを投与したところ、8割近い患者さんに改善が見られたという報告もあります。脳内にDHAを補給することで、残っている脳細胞が活性化されて、死滅してしまった脳細胞の働きを補ってくれるからだと考えられています。

また、DHAの持つ血栓予防効果や血圧抑制効果により、脳血管性認知症を引き起こす脳卒中を予防する効果も期待できます。老人性認知症を予防するためには、DHAを積極的に摂ることが1つの方法であると考えられています。

検証 DHAサプリメント総合ランキング!:評判の10製品を徹底検証した総合ランキング!

このサイトについて

「DHAサプリメント研究室」をご覧いただき、ありがとうございます。
私たちは、ちまたに溢れるDHAサプリメントの調査を行なっている私設調査グループです。DHAについて「知る・比較する・選ぶ」ができる総合情報サイトを作りたくて、管理栄養士の3人が結集しました。